Polka Dot's blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
I wanna be Peterpan.
どもー!

絶賛教育実習中の平野がお届します。

ちょうど1週目を終えたところです。
あと2週間ほど母校に通います。



感じることは毎日いろいろです。


スーツを着て、バインダー持って廊下歩いて、生徒に挨拶して、
ひしひしひしひしと感じるのは・・

もう嫌でも大人になんなきゃいけないんだな

ってことです。


ホームルームを担当させていただいてるのは中学校1年生。
実習生は卒業生だと言えど、中学生にとってはもうかなり異質な存在に映ってしまうようです。

中学生と距離を容易に縮められる自信
自分もまだまだ子供ですからという意味不明な確信  
大人も子供も一緒じゃねーかよという謎の信仰   が自分にはあったのですが、

もうそんなこと言ってられないかもしれないなぁってね。


そして実際、
私も、
彼らを異質なものだと見てしまった(笑)

だって、掃除できません。
挨拶もできません。w (学校という環境がそうさせている部分もあるけど)


そうかもうこんなに年離れちゃったのかー・・と

分かってはいたけど
単純に実感したわけです。



私、
大人を“大人”よばわりして、子供を“子供”よばわりすることに何の意味があるのか、すごく疑問で

大人って何だろー
とかよく思うのですが、

“自分は大人ではない”と思っている人間(すなわち子供とか)から
異質な存在として見られるようになる

それが「大人になる」ってことなのかなーって
思ったりしました。





来週は授業をします!

内容は日本の平和主義。
自衛隊の、いわゆる違憲論争。日米安保も扱います。

憲法で「戦力不保持!」って宣言したはずなのに、自衛隊が存在するのはなんで・・?
“戦力”を何と解釈する?どこまでが“自衛”?
国防の必要性から生まれた憲法との矛盾に、日本はどんなふうに折り合いをつけてきたのか・・

そんなとこを説明します。
先人が議論を重ねてきた努力を、大事に伝えたいですね。

一度ルールを作ったとしても、うまくいかなくなることがある。
多くの人から反感を買うこともある。変更を加えざるをえない状況になることだってある。
そこで何度も議論を重ねて、新しいものを提案し、
できるだけ多くの人の納得に近づけていくこと。
その作業にこそ、価値があるんだってね。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://polkadot05mizutama.blog85.fc2.com/tb.php/67-6c7f560a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。